【無料アプリ】アメリカでのショッピングやホテル予約でキャッシュバックをもらおう

iPad with WiFi 32GBを主婦目線で徹底レビュー【お絵かき・Youtube・電子書籍も楽しめる】

(Disclosure:記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはプライバシーポリシーをお読みください。)

こんにちは! Keiko(@kmy_design)です。

ずっと欲しくて検討中だったiPad。わたしのiPadは2017年モデルです。この記事ではデザイナー&主婦の視点からiPadを買って良かった点や問題点を挙げていきます。

買おうか悩んでいる方の参考になればうれしいです。では、さっそくみていきましょう!

Keikoのアイコン画像Keiko
Rakuten(旧Ebates)経由でショッピングするとキャッシュバックがもらえるので、そちらもお忘れなく!

▼今なら初回25ドル以上買い物すると、10ドル分のキャッシュバックがもらえますよ。

もくじ

わたしがiPadをほしかった理由

iPad購入前はiPhone6、iMac 27inch(仕事メイン機)、MacBook Pro 17inch(サブ機)を使っていました。

購入前、iPadが欲しかった理由は以下の通りです。

  • iPhoneの画面が動画を観たり電子書籍を読むのに小さく感じた
  • MacBook Proは重過ぎ(3キロくらい)&大き過ぎ(17インチ)で、持ち運びに不便を感じていた
  • MacBook Proの画面の両端で色が違って見えるようになってきた
  • Targetのセールで$249(税抜き)だった
  • 普段イラストを描いたりしないので、Apple Pencilが絶対に必要な訳ではなかった
  • iPadがなくてもパソコンで大抵のことはできると考えると、iPad Proは高過ぎた
  • KoboとKindleのアプリを両方使いたかった(Kindle Fireでも裏技的なものを使えば可能です)
  • Kindle FireとiPadを比べると、iPadの画面の方が解像度が高く、目に優しそうだった

結構たくさん理由がありますね…書き出して見て驚きました。

iPadをAmazon.comでチェックする

iPadを買って良かった点

ここからは、iPadを買ってよかった点を挙げていきたいと思います。

iPadはサブディスプレイとして使える

iMacでwordとpdfとInDesignを開いて作業…私はよくやります。一度に全て見渡せるようにしたい時、iPadをサブディスプレイとして使えば仕事を効率的に進められます!私はiPadでPDFを開いてiMacのそばに置くだけですが、Duet Displayなどのアプリを使えばもっと便利に使えるでしょう。

iPadはYoutubeやUdemy、Lynda.comなどの動画が見やすい

iPhoneに比べると断然動画が見やすいです!画面が大きい分、字幕も見やすくなって便利ですね。まだ試していませんが、HuluやNetflixも見やすいと思います。

今ならDisney+のサブスクリプション契約で最大10ドルのキャッシュバックがもらえる!

Disney+はディズニーが提供するストリーミング動画配信サービス。あらかじめ動画をダウンロードしておけば、電波が届きにくい旅行先やフライト中に観ることができます。

今ならRakuten Ebates(旧イーベイツ)経由でDisney+のサブスクリプションに契約すると、最大10ドルのキャッシュバックがもらえます(契約内容によってキャッシュバック金額が異なります)。

つまり、初めてイーベイツを利用する方がDisney+のサブスクリプション契約をすると、イーベイツ初回購入特典の10ドルキャッシュバックとDisney+のキャンペーンのキャッシュバック最大10ドルが両方受け取れます。

Disney+のキャンペーンはいつ終わるかわからないので、気になる方はお早めに!

iPadは電子書籍やPDFが読みやすい

デザイン関連の本や雑誌、漫画などは文字の大きさが自由に変更できず、画面を拡大・縮小するのみのことが多いのですが、iPadなら画面も大きいので読みやすいです。PDFも読みやすくて助かります!

iPadはProcreateやCanvaやAdobe Sparkなどのグラフィック系アプリが使いやすい

iPhoneでも使えますが、ProcreateやCanvaAdobe SparkなどはiPadの方が大きくて使いやすいです。

だれでも簡単にデザインができる無料ツールCanvaとは?

Sparkで長い動画を作ろうとすると動作がもたつきますが、バナーやfacebook投稿用ポストなら簡単に作れます。

iPadは思いついたアイデアをサクッとスケッチできる

突然いいアイデアが思いついた時にevernoteやAdobe Compを開いて、簡単に手書きのメモを残せます。私にとってはiPhoneだと画面が小さ過ぎたのですが、iPadならちょうどいい作業スペースが確保できます。複雑な描写はできませんが、ワイヤーフレームなどは指で大まかに描くことができれば十分です。

確かに「手書きならペンと紙の方が早い」のですが、デジタルツール上に残しておけばパソコンや携帯からでもアクセスできますし、何より「あの紙どこいった!?」と焦って探す必要は無くなります。

Apple製品同士の連携がスムーズで、同じケーブルが使える

Apple製品のいいところは、各デバイス同士で連携できる点です。iPadの設定はiCloudを使ってあっという間にできます。また、数年前に買ったiPhoneのUSBケーブルがダメになりそうだったのですが、そちらは捨てて、iPad付属品のUSBケーブルを使い始めました。純正のケーブルは意外と高いので、同じケーブルが使えるのは良いですね。

iPadはSplit viewが便利!

Split view機能で画面を分割すれば2つのアプリが同時に使えます。safariと辞書を同時に開けば、辞書をひきながら英文を読むのがとてもラクになりますよ!

iPadはキッチンで使いやすい

レシピサイトやevernoteなどもキッチンで見やすくなりました。iPhoneだと画面をスクロールしたい時に手が汚れていると、

手を洗う→画面を触る→手を洗う→料理に戻る

という手間がかかっていましたが、iPadなら大抵のレシピが最後の行まで画面に収まるので、上記のような手間が省けました。料理をしながらYoutubeを見られるので、家事も楽しくできます。

iPadの不満点

良いところがほとんどですが、不満点もあるので、深掘りしたいと思います。

iPadは表面につく指紋が気になる

スクリーン部分が大きい分、特にカバーや保護シートなど使わず裸で使っていると、表面の指紋が非常に気になります。

iPadは女性が片手で持つにはちょっと重い

女性が片手で持ち続けるとなると、ちょっと無理があります。これは仕方がないですね。

iPadは写真が撮りにくい

おそらくiPadに高度なカメラ機能を求める人はあまりいないと思いますが、本体が重いので写真は撮りにくいです。

こんな人はiPad 32GBを買うべき!

こんな人にはiPad 32GBがオススメです。

  • タブレットに興味はあるが、iPad Proは高すぎると感じている
  • iPhoneの画面が小さいと感じている
  • 電子書籍をよく読む
  • 動画をよく観る
iPad 32GBって容量的には大丈夫?

写真や動画、音楽データなどを大量に入れなければ問題ないです。私の場合は電子書籍のデータが多いですが、電子書籍のデータはよく読むもの以外iPad上から削除するようにしています。

おそらく気をつけないと将来的には容量オーバーしてしまうので、心配な方には128GBの方をオススメします。

アメリカでiPadを買うならいつ、どこで?

アメリカでiPadを買うなら、Targetがオススメ。クリスマス前などはよくセールになっています。

また、新機種発表直後からはBest Buyなどの家電量販店でも旧製品を割引価格で購入できます。

▼こちらの記事では、アップル製品をアメリカで安く買う方法をまとめています。

まとめ

iPadを買ってから、以前より動画を観たり電子書籍を読む機会が増えました。iPadを使わない日はほぼありません。

旅行でも、ホテルでの調べ物やフライト時の退屈しのぎに大活躍。こんなことなら早く買っておけば良かった!とちょっと後悔しています。

iPhoneもあるし、本当に使うかな?と思うかもしれませんが、やっぱりあると便利ですよ。

よかったらシェアしてね!

【無料アプリで簡単】アメリカでのショッピングやホテル予約でキャッシュバックをもらおう

Rakuten Ebates(旧イーベイツ)でアメリカでのショッピングでキャッシュバックをもらおう

アメリカでのショッピングやホテル予約時に、Rakuten(旧イーベイツ)アプリを使うだけで簡単にキャッシュバックがもらえます。使い方は簡単で、アプリをダウンロードしてメルアドと名前を入力するだけ。日本の銀行口座でもキャッシュバックが受け取れます。

もくじ
閉じる