アメリカでAppleのMacBook Pro・iMac・Mac miniなどを安く買う5つの方法

アメリカでApple製品を安く買う方法

アメリカでAppleのノートパソコンを安く買う方法はないかな?

 

旧モデルでも構わないから、なるべく安い方がいいな。

 

ブラックフライデーなら、アップル製品もセールで買える?

こんにちは! Keiko(@kmy_design)です。

Mac歴20年のフリーランスデザイナーが、アメリカでAppleのMacBook Pro・iMac・Mac miniなどを安く買う方法を解説します。

アメリカのアップルストアで日本発行のクレジットカードを使って買い物する方法は、こちらの記事が参考になりますよ。

では、早速みていきましょう。

(Disclosure:記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはプライバシーポリシーをお読みください。)

アメリカでAppleのMacBook Pro・iMac・Mac miniなどを安く買う方法

Macbook Pro

結論から言うと、買い方は5種類あります(eBayやメルカリなどの個人間取引は除きました)。

  1. アップル製品は新機種発表直後に旧モデルを購入するとお得
  2. 整備済製品は新品より安く買える
  3. 旧モデルを下取りに出し新モデルを買う
  4. アップル製品はブラックフライデーセールで購入すると割引になる
  5. オレゴン州内で購入すると消費税ゼロ

新品にこだわらない方は①または②、新品が欲しい方は③または④、オレゴン州内のお店に行ける方は⑤がオススメです。

買い方①アップル製品は新機種発表直後に旧モデルを購入するとお得

新機種にこだわりがないのなら、新作発表後に旧モデルをチェックしましょう。ほとんどの場合、割引価格で購入できます。

わたしはこの方法で、2015年モデルの27″ iMac® with Retina 5K display – Intel Core i5 – 8GB Memory – 1TB Fusion Drive(GEEK SQUAD® CERTIFIED)を、2017年の新機種発表後にBest Buyで$1,327(税込)で買いました。

iMac詳細

旧モデルな上にBest Buy版の整備済製品(次の項目で説明しています)ということで、最新モデルより約750ドルお得に買えました。

買い方②整備済製品は新品より安く買える

refurbished

整備済製品(Refurbished)は、新品に比べて安く買えます。

「リファービッシュ(Refurbished)」とは「改修された」という英単語であり、リファービッシュ製品とは改修された製品を意味します。ここで重要なのは「製品を改修した主体」で、製品を製造したメーカー自身が改修したものがリファービッシュ製品として認められるそうです。つまり、Apple製品の場合、不具合のある端末をAppleが改修・チェックしたものだけがリファービッシュ製品と呼ぶことを許されます。また、前所有者から引き取られた端末が再び販売されたとしても、それはあくまで「中古品」であり、リファービッシュ製品にはならないということです。

スマホでよく耳にする「リファービッシュ」製品とは何か? – GIGAZINE

ずっとMacを使っている方やApple製品に詳しい方なら、掘り出し物を見つけるチャンスですよ。

Keiko

製品ごとに仕様がちがうので、Apple製品にあまり詳しくない方にはオススメしません。

買い方③旧モデルを下取りに出し新モデルを買う

下取りに出す

画像引用:iPad mini – Apple

現在使っているものを手放してもいい場合は、下取りに出すのも手です。たとえばiPadなら現在(2019年4月)最大405ドル分のクレジットがもらえます。アップルのウェブサイト上でいくつかの簡単な質問に答えるだけで、おおよその下取り金額がわかりますよ。

ちなみにわたしのiPad 32GB(2017年モデル)をサイトで調べてみた結果、下取り金額は150ドルになりました(正確な金額は実物を査定後に変わる可能性があります)。

いま使っているものも十分使えるけど新しいものがほしいときは、利用する価値大です。

買い方④アップル製品はブラックフライデーセールで購入すると割引になる

ブラックフライデー

ブラックフライデーなら100から200ドルオフで買えます(割引価格は機種によって異なります)。

新品のApple製品はなかなか割引価格で販売されないので、タイミングが合えばブラックフライデーに購入するとお得です。

Apple ‘Black Friday’ 2018 Ad Preview: Expected iPad, iPhone, MacBook Deals

買い方⑤オレゴン州内で購入すると消費税ゼロ

Portland, Oregon

オレゴン州内での買い物は消費税がかからないので、アップル製品がお得に購入できます。

オレゴン州にお住まいの方または行く予定の方は、オレゴン州内のお店で買うのがオススメです。

消費税だって0%!「変人の街」オレゴン州ポートランドが全米ベストシティランキング1位に輝いた10の理由

さいごに&まとめ

帰り際の男性

Keiko

Apple製品を買う前に、忘れずにEbatesに登録しておきましょう。

AppleやBest Buyでの購入金額1%分(時期により変動あり)がキャッシュバックとして戻ってきます。

▼今なら初回25ドル以上買い物すると、さらに10ドル分のキャッシュバックがもらえますよ。

アメリカのアップルストアで日本発行のクレジットカードを使って買い物する方法は、こちらの記事が参考になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA