通販やホテル予約でキャッシュバック!Rakutenイーベイツでお得に買い物する方法

イタリアのスリ対策アイデア&ローマ旅行で30分で2回スリに遭遇した体験談【お得なクーポン情報あり】

旅行計画

こんにちは! Keiko(@kmy_design)です。

わたしはこれまで8カ国(アメリカ・メキシコ・オーストラリア・イタリア・エジプト・台湾・韓国・シンガポール)と、日本国内を旅行してきましたが、イタリア・ローマではなんと30分で2回スリに遭遇しました。

奇跡的に何もとられませんでしたが、2回ともわたしがターゲットでした。

本記事の見どころ
  • イタリア・ローマで有効なスリ対策アイデア
  • スリに遭遇した2回の体験談
  • なぜわたしがターゲットになったか(自己分析)

また、記事の最後ではローマ観光スポットのお得なクーポン情報もあります。クーポン情報を先にチェックしたい方はこちらをクリックしてください。

では、早速みていきましょう!

イタリア・ローマでスリの被害を未然に防ぐ対策アイデア

夏の旅行

イタリアのスリ対策で重要なのは「スリが狙いやすいものをなるべく見せない」ことです。ブランドバッグや財布など、奪いやすいものを持たない、または隠すことで、そもそもスリに目をつけられる可能性も低くなります。

ここからは、実際に有効だったスリ対策アイデアを紹介します。

貴重品はジャケットやコートの内側にしまう

春・秋・冬は、貴重品をジャケットやコートの内側にしまうのが効果的です。肩掛けタイプのセキュリティポーチでもOK。わたしはレスポートサックの小さなショルダーバッグを肩からかけてから、コートを着ていました。

夏はバッグの奥に貴重品をしまい、ファスナー部分に常に手をかけておきましょう。カギやカラビナをつけて開けにくくするのも効果的ですよ。

ブランド品や派手なアクセサリーを身につけない

ルイヴィトンのバッグなど、スリが欲しくなるような見るからに高級なものは、最初から持ち歩かない方が無難です。イタリア人は落ち着いた色の服を着ていることが多いので、彼らと並んだ時に浮かないような服装にしましょう。

スマホも狙われます。時間を確認するだけなら、安い腕時計で十分ですよ。

いかにも「サイフっぽい」財布を持たない

「これはサイフですよ」とすぐわかるデザインの財布を持たないのも、スリ対策には有効です。長財布は大きくてつかみやすいので、絶対にだめですよ!

極小財布または小さなポーチを財布がわりに使うといいでしょう。

電車や地下鉄、人混みの中では常に周囲を警戒する

電車や地下鉄など、どうしても他人との距離が近くなってしまいがちな場所では、常に周囲を警戒しましょう。

また、混んでいないのに突然誰かが近寄って来たり隣の席に座ったら、スリの可能性があるので注意してください。

定期的に周囲を見回したり、リュックやバッグを体の前で抱えたりするといいですよ。

わたしのイタリア・ローマでのスリ体験談

わたしはローマについた当日、2回もスリに狙われました。それも30分のうちに2回も!

大きなスーツケースを持って移動する時は「わたしは観光客です!」とアピールしているようなものなので、特に気をつけてください。

スリ遭遇1回目:ローマの空港から乗ったローカル電車を降りた時

ローマ遺跡

1回目のスリ遭遇はローマの空港から乗った電車を降りた時におこりました。

ローマ・フィウミチーノ空港(別名レオナルド・ダ・ヴィンチ空港)に到着したわたしたちは、観光客がよく乗るレオナルド・エクスプレス(日本でいう成田エクスプレスのような列車)ではなく、ローカル電車を選択。その方が安かったんですよね。

ローカル電車から地下鉄に乗り換えて、目的のホテルへ行く予定でした。

スリ遭遇1回目は、ローカル電車を降りた時でした。ダンナのあとに続いて電車をおりていると…

クエスチョン

ダンナのコートにドレッシングがべっとりついているのに気がつきました。

普通だったらビックリして立ち止まり、すぐにコートをふき始めるんでしょうが、わたしはスリの予想外の行動に出ました。

この時わたしは時差ボケでかなり眠かったので、ダンナのコートについている汚れがはっきり認識できなかったので、汚れを見つめてこれが何か考えながらしばらく歩き続けたんです。

なんで今ドレッシングが…?

 

ここレストランじゃないし…そういうスリってレストランにいるんだよね…電車の中で変なところに座ったっけ…?

 

でも、座って汚れたような後じゃなくて…立ってる時にかかったような感じ…そもそもこれって本当にドレッシングなの…?

眠かったので考えるのにも時間がかかりました。しばらくするとホームにいたたくさんの人たちがいつの間にかいなくなっていました。

そしてようやく「これはドレッシングだ」と断定できたので、旦那に「コート汚れてるよ」と声をかけました。

どうやら悶々と考えている時間が長かったのがよかったようです。わたしが慌ててスーツケースを手放さなかったので、ホームにいる人たちが離れていくのに乗じて、スリは姿を消してしまったようです。

スリ遭遇2回目:地下鉄のエスカレーターでスリ集団に囲まれる

コロッセオ

2回目は地下鉄から降り、長い上りエスカレーターに乗った時に起こりました。

混んでいないエスカレーターで突然5、6人くらいのグループに押され、かなり密着した状態になったんです。

旦那の後ろにわたし、旦那の左横に小学校低学年くらいの男の子、わたしの隣と後ろに中学生くらいの子が一人ずつ、彼らの後ろに大人二人でした。

子供が旦那の横で止まったので、旦那のスーツケースが邪魔で通れないのかなと思って荷物を移動させても、子供が動く気配がないんです。大人も特にうながす様子がない。

隣の下りエスカレーターも、わたしたちの前も混んでないのにおかしいな…と嫌な予感が。リュックを背負ってたのを思い出したわたしは、何気なくリュックを体の前に持ってきました。

するとびっくり!ファスナーがぱっくり開いているじゃないですか!!!

わたしがリュックの異変に気づくと、真後ろにいた女の子から突然お尻をパーン!と叩かれ、わたしが驚いている隙に、あっという間にグループ全員が逃げていきました。

旦那は最初、何が起こったのかわからずポカーンとしていましたが、何が起こったのかを説明するとさすがに驚いていました。

わたしたちの様子に気づいた駅員が二人、すぐに駆け寄ってきてくれました。何も取られてないのを確認してホッとしましたが、動揺が隠せませんでした。

うわあああああ

スリに狙われたのも初めてだったのに、イタリアに来て数時間しかたってないうちに2回もターゲットにされたんですよ!!!トラウマものですよ、ホントに。

ケガも盗まれたものもなかったのが不幸中の幸いでしたが、よく考えたらわたしはスキだらけでした。

わたしがイタリア・ローマでスリに狙われた原因

夏の旅行計画

ここからは、わたしがスリに目をつけられた原因を自己分析したいと思います。

  1. いかにも「観光客ですよ」な服装と荷物
  2. スキだらけの雰囲気

どちらも日本人ならありがちだと思うので、ぜひ気をつけてください。

①いかにも「観光客ですよ」な服装と荷物

その時のわたしたちの持ち物と服装はこんな感じ。

  • わたし:スーツケースとリュック1個ずつ。服はネイビーのライトダウンジャケットと黒いロングスカート。
  • 旦那:スーツケースとリュック1個ずつ。服は黒いコートとジーンズ。

スーツケースの大きさと、イタリアではいている人をあまり見かけなかったロングスカートで「わたしは観光客ですよーーー」とアピールしているようなものでした。

対策
  • レオナルド・エクスプレスに乗る(料金が高いのでスリがあまり乗っていない)
  • 空港で悪目立ちしない服に着替える

②スキだらけの雰囲気

旦那はちゃんとしてましたが、わたしの方は「こいつを狙えば何か盗めますよ」と言わんばかりのスキだらけな様子でした。

  • アメリカからイタリアへの移動で疲れてボーーーッとしていた
  • 地下鉄の中でもウトウトしたり、あくびしたりしていた

2回目にあったスリ集団は、おそらく地下鉄に乗っている時からわたしをマークしていたと思います。

対策
  • 眠そうにしない
  • 電車や地下鉄では周囲を常に警戒する

まとめ:スリに気をつけつつ、ローマ観光を思い切り楽しもう!

スリに狙われたのがローマに来てすぐだったこともあり「このまま毎日こんなことされたらどうしよう…」と不安になりましたが、すぐに気持ちを切り替えて、スリ対策を万全にしつつ観光を楽しむことにしました。

https://us-mn.com/blog/wp-content/uploads/profile-pic.jpg
Keiko

ラッキーなことにその後怖い場面に出くわすこともなく、充実したローマ観光旅行になりました!

スリ対策をしっかりして、思い出に残る旅にしましょう。

主要観光施設に簡単入場&バスや地下鉄にも乗れるローマパスでローマ観光をお得に楽しもう!

ローマに行くなら、Voyaginで事前にローマパスを予約しておくのがオススメ。もちろんローマ到着後でもオンラインで予約できます。

ローマパス予約 <48時間/72時間> 〜イタリア・ローマ観光に最適!〜

Voyaginは楽天グループが運営するツアー予約サイトです。

  • ローマ到着後でも予約可能
  • 印刷不要のチケットで簡単・便利
  • 日本円で購入可能なため、決済時の為替レートに影響されずに予約可能
  • うれしい日本語対応で、イタリア語・英語に不安がある方でも安心

▼ローマパス以外にも、コロッセオやバチカン美術館などの入場チケットも予約できます。事前予約すれば、大行列のチケットブースに並ばなくていいので便利ですよ。

イタリアのスリ対策アイデア&ローマ旅行で30分で2回スリに遭遇した体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


shares