旅行中のホテルでの洗濯方法【手洗い・女性でもカンタンな脱水のコツ】

旅行中に洗濯する

旅行中のホテルでの洗濯方法を教えて!

 

ホテルの室内で手洗いしたいな。

 

絞るのは苦手だけど、ちゃんと脱水できるコツってある?

こんにちは! Keiko(@kmy_design)です。

旅行好きで、これまで日本とアメリカに加えて7カ国(イタリア・エジプト・オーストラリア・韓国・シンガポール・台湾・メキシコ)を訪れました。

今回は旅行大好き主婦が、ホテルでの洗濯方法を紹介します。これを読めば洗うものと洗わないものの見極め方や、ホテルで効率よく洗濯する方法、手洗い・脱水のコツがわかりますよ!

もし旅行前にこの記事をご覧になっているなら、こちらの記事もあわせて読んでみてください。

では、さっそくみていきましょう。

(Disclosure:記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはプライバシーポリシーをお読みください。)

ホテルでの洗濯方法

ホテルでの洗濯には通常以下の3つの選択肢があります。服の種類や量から、あなたにあった方法を選びましょう。

  1. ホテルのランドリーサービス
  2. コインランドリー
  3. 室内で手洗い

旅行中に何を洗濯するか/しないかで悩んでいる方は、こちらの記事が参考になりますよ。

ホテルでの洗濯方法①ホテルのランドリーサービス

ホテルでクリーニングしたスーツを着る男性

ホテルでスーツや手洗い不可の衣料を洗濯したいなら、この選択肢しかないでしょう。お金はかかりますが仕上がりは確実です。

ただし、下着類には対応していない場合があるのと、ホテルによって受付時間が異なるので希望の時間に対応できない場合があります。フロントに確認しておくといいですね。

ホテルでの洗濯方法②コインランドリー

乾燥機

ジーンズなど厚手のものも洗えます。手洗いより楽で、ランドリーサービスより手間はかかりますが、コストと時間の面から考えていちばんオススメの選択肢です。コインランドリーの使い方は場所によって違うので、ここでは注意点のみまとめておきます。

下着など見られたら気になるものは洗濯ネットに入れる

洗濯物が他人に見られても困らないように、下着などは洗濯ネットに入れて洗濯しましょう。

コインを多めに用意する

万が一のため、コインは多めに用意しましょう。

洗い終わった洗濯物はすぐ取りに行こう

次に使う人のためにも、洗濯物を盗まれないためにも、洗い終わった洗濯物はすぐに取りにいきましょう。

ホテルでの洗濯方法③室内で手洗い

洗面台

下着だけの洗濯なら手洗いで問題ないでしょう。洗濯時はホテルの設備や備品を汚したり傷つけたりしないよう注意してください。以下、長年の試行錯誤の上たどり着いた、私の手洗い方法を紹介します(脱水方法はデリケートな衣類には向かないので気をつけて!)。

旅行時の洗濯に便利なグッズと、いざという時の代用品はこちらの記事で紹介していますよ。

1. 入浴後、洗面台か浴槽に水をためる

洗濯物の量とホテルの設備によって、洗面台か浴槽、どちらを使うか決めましょう。

2. 洗濯物を水につけて、部屋干し用洗濯洗剤またはシャンプーで洗う

部屋干しで臭くならないように部屋干し洗剤を使いましょう。石鹸は乾いた時に臭くなることがあるので、もし洗濯用洗剤がなければシャンプーを使いましょう。

3. 汚れ具合に応じてすすぐ。最後のすすぎはぬるま湯。

最後のすすぎをぬるま湯にすることで少し早く乾く気がします。

4. 脱水後、できる限り硬く絞る。

硬く絞るのがポイントです!

▼ステップ④から⑦のイメージはこちらのツイートがわかりやすいですよ。

5. 床にバスタオルを広げ、上に洗濯物を並べる

さらに脱水が必要な洗濯物を重ならないように並べていきます。洗濯物の量が多ければ、この上にタオルをしいてから洗濯ものを並べてください。

6. バスタオルを端からぐるぐる巻いていく。

巻き寿司を作るイメージで、端からなるべくきつく巻いてください。

7. 上から踏んでさらに脱水

⑥を床に置いて、上に乗ってしばらく踏みましょう。力のない女性でも、自重で楽に脱水できます。

もし予備のタオルがあれば、タオルを交換してもう一回⑤から⑦を繰り返すと、しっかり脱水できますよ。

8. 十分脱水したら洗濯物を取り出し、室内に干す

場所によってどこに干すか決めます。外に干すと早く乾きますが、高層階だと風に飛ばされるかもしれないので気をつけましょう。室内に干す時は浴室のシャワーカーテンのレール部分などを使います。換気扇を回すと早く乾きますよ。

洗濯物は何かの上に「置く」より「干す」方がずっと速く乾きます!ハンガーの数が足りない時は、フロントに頼んでみましょう。洗濯物同士が重ならないよう間隔をとって干すのも大切です。

▼もし洗濯物が乾かない時は、こちらの記事で早く乾かす方法を紹介していますよ。

外に干せない国もある
アメリカで外に洗濯物を干す人はいません。洗濯物を外に干している光景が地域の景観を損ねると考えられているからです。海外では注意しましょう。
節約したいなら組み合わせワザで!
洗濯機だけ使って部屋に洗濯ものを干したり、洗濯は自分でやって乾燥機だけ使えば、時間やお金を節約できますよ!