通販やホテル予約でキャッシュバック!Rakutenイーベイツでお得に買い物する方法

無料スクリプト付きおすすめ英語ポッドキャスト1【グラフィックデザインも同時学習!】

ポッドキャストを聞く女性

こんにちは! Keiko(@kmy_design)です。

もしあなたがデザイナーなら、英語とデザインを同時に勉強できたら効率的だと思いませんか?

今回は英語とグラフィックデザインが両方同時に学べるPodcast「Resourceful Designer」を紹介します。

そのほかのスクリプトつき英語ポッドキャストについては、こちらが参考になります。

では、早速みていきましょう。

Resourceful Designerってどんなポッドキャスト?

resourceful designer カバーMark Des Cotesさんというカナダ出身のデザイナーがホストを務めています。

マークさんは1989年にデザイナーとしてのキャリアをスタートし、現在はグラフィックデザインとウェブデザインを扱う、自分のビジネスを展開しています。

このポッドキャストでは、前半ではテーマについて話し、後半でリスナーからの質問に答える流れになっています。

2018年3月5日現在、110のエピソードがあります。

Podcastのホームページはこちらです。>>> Resourceful Designer

なぜResourceful Designerポッドキャストがオススメなの?

自分の経験を踏まえた内容で、実践的かつ説得力がある

長年のキャリアの中で経験したことや、クライアントとのやり取りを通して学んだことを惜しみなく話してくれるので、自然と聞き入ってしまいます。

Keiko

デザイナーならきっと共感するポイントが多いはず!

デザイナーとして使えそうなフレーズがたくさんある

当たり前かもしれませんが、語彙もデザインに関するものが多く、「これはクライアントと話す時に使えそう!」な自然な英語の言い回しがたくさん!

かといって専門用語だらけという訳ではなく簡単な単語が多いので、デザインに興味がある人ならとっつきやすいと思います。

ほぼ”transcript”と呼べるテキストがホームページで読める

もしわからない単語があっても、ホームページ上でほぼ”transcript”と呼べるテキストが読めます。

「ほぼ」としているのは、ちょっと言い回しが違ったり、省略されている部分があるからです。

「トークが速すぎてついていけない」という時にテキストをチェックできるのは、英語学習者にとって本当に助かります!

Resourceful Designerにはどんなエピソードがあるの?

私のオススメエピソードをいくつか挙げておきます。ネタバレになるので詳細は伏せますがぜひチェックしてみてください。

さいごに&まとめ

帰り際の男性

英語もデザインも一緒に勉強して時間の節約&実践的なボキャブラリーの増加を狙いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA